健康経営の支援プログラムを提供する株式会社empheal(エンフィール)は、昨シーズンに続き、花粉症の正しい情報による学習機会をサポートする従業員向けの花粉症の疾患啓発プログラム「花粉症チャレンジ」を、申し込みのあった579社(従業員数589,032人対象)に提供を開始しました。

昨今、従業員の健康増進を重視し、健康経営に取り組む企業が増えています。
「花粉症チャレンジ」への参加企業数は昨年の40社と比べ今年は579社と約14倍のお申し込みをいただき、スタートいたします。
「花粉症チャレンジ」の取り組み報告については、6月頃を予定しております。
 

<「花粉症チャレンジ」紹介ページ>
https://service.empheal.co.jp/kafun_challenge-0

 
当社は「花粉症チャレンジ」の他にも、健康支援を通じてより良い健康文化を創造することを目的に、企業の健康経営をサポートするサービスの開発や提供を行っています。例えば、「YOLISOH program-みんなで考える女性の健康-」という女性の健康プログラムがあります。こちらは現在、導入企業さまを募集中です。ご興味がございましたら、下記より詳細をご覧ください。

 
■YOLISOH program-みんなで考える女性の健康(https://service.empheal.co.jp/womens_health_program)
2022年2月8日「打ち手に悩んでいるD&I担当」のための女性活躍推進セミナー無料開催決定
本セミナーでは女性の健康課題における打ち手のご紹介から、取り組みの中でつまずきやすい事例とその解決策をご紹介します。
セミナー詳細はこちら▶https://event.empheal.co.jp/ja/2202-08

 
■働く人の「花粉症チャレンジ」概要
アレルギー・感染症が、働く人の生産性に大きな影響を及ぼすことが分かっております。
「花粉症チャレンジ」は、花粉症の代表的な原因といわれるスギ花粉が飛散する前に、企業の人事・総務などの担当者を通じて、従業員に「花粉症」に関する正しい知識や学習機会、より適切な治療に出会う機会を提供する、当社オリジナルの教育プログラムです。

<主な特長>
①企業側の費用・負担金は、従業員も含め無料
②従業員の生産性/健康意識の向上が期待できる
③施策の運用から結果レポートまで全て弊社におまかせ
④健康経営優良法人申請「教育機会の設定」の一つとして記載可能

<提供メニュー>
・メールマガジン
・働く人の花粉症チャレンジ特設サイト
・花粉症セルフチェッカー
・病院検索
・花粉症受診準備シート
・花粉症検定

■本プログラムの参加企業(579社、50音順)


■花粉症チャレンジに関するお問い合わせについて

株式会社empheal
担当:働く人の花粉症チャレンジ運営事務局
TEL:03-6632-7725
e-mail: kafun_contact@empheal.co.jp
※現在、当社はテレワーク勤務を導入しているため、電話が通じにくい状況です。
担当者へのご連絡はEmailをご利用ください。