empheal(エンフィール)は、従業員とその家族の健康増進を通じて「健康経営」におけるカスタマーサクセスを実現します
BG

健康経営とは

例えば、あなたの会社には以下のような人はいませんか?

これらは、誰にでも起こる可能性があります。
しかし、健康経営を行うことで改善できるかもしれません。

健康経営は事業戦略の1つ

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。
企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力や生産性の向上につながります。

働き方改革と健康経営の関係

アブセンティズムプレゼンティズムの改善

健康経営における生産性の改善とは、アブセンティズム(機会損失)とプレゼンティズム(生産性の低下)の2つの改善を意味しています。アブセンティズムとは、入院を原因とした欠勤など、出社できない状態を指します。対して、プレゼンティズムは出社はしているけど、健康上の問題が原因で、頭や体が十分に働かず、生産性が落ちてしまっている状態を意味しています。

更に、この二つの生産性の低下を防ぐには、 「将来の病気発症・重症化リスク」だけでなく、「顕在化している生産性の低下」へのアプローチも必要になります。

将来のリスクの予防顕在化している健康課題
両方へのアプローチが必要

将来の病気発症・重症化リスクへの
アプローチ

例えば、脳梗塞の予防は、正しい食生活(塩分制限)や適度な運動、禁煙など、生活習慣を改善することが予防につながります。生活習慣を改善する取り組みを実施することにより、従業員のこのような病気の将来的な発症を予防することができます。

顕在化している生産性の低下

一方で、今顕在化している症状や疾患へは、予防活動では解決できません。
例えば花粉症や子宮筋腫など、生活習慣を気を付けていても避けられず起こってしまうものもあり、発症した場合は集中力が低下したり、大きな手術が必要となるケースもあります。顕在化している症状はまさにこの瞬間、生産性に大きな影響を与えていますが、それを解決するためには「適切な医療選択」が必要です。